旅行・地域

2011年7月17日 (日)

日比谷会員の二人展 「光の造形・大地の輝き」

中国の奇観日本のメルヘン

 日比谷義男会員と小平信行氏は、大学の写真サークルの仲間とのこと。約40年ぶりに写真展を開催します。Hpdm

小平信行・日比谷義男写真展「光の造形・大地の輝き」

会 期: 2011年8月14日(日)~20日(土) 11:00~19:00

会 場: 東京交通会館 シルバーサロンB (地下1階) 東京都千代田区有楽町2-10-1  電話 03-3201-5665(会場直通)

写真展の趣旨と内容について日比谷氏から以下のメッセージがありました

 自然がつくり出す不思議で、魅惑的な光景を捉えた写真展。光と水があやなす中国の黄龍・九寨溝(世界自然遺産)の奇観、日本の森で、接写の目が見つけたメルヘンのような世界など、写真ならではの表現で自然の魅力に迫る作品、約25点で構成。

小平信行氏の作品Photo_3Photo_4 『切株の噴火口』 『大空へ』

                                             

             

             

             

             

             日比谷義男氏の作品Photo_5Photo_6 『九寨溝・五彩池』 『黄龍・五彩池』 

| | コメント (0)

2011年4月 1日 (金)

斎田和夫 写真集『自然に生きる』

「斎田写真」の集大成Hpp3160513_3

 斎田会員は、中学時代から写真を始め、茨城大学では写真部を創設、カメラメーカーに就職し、カメラの設計まで手がけました。まさに写真とカメラのスペシャリストであり、エキスパートです。本写真集は、1.半世紀前の記録より(国内編) 2.ネパールの人々 という2部構成で、昭和23年撮影のモノクロスナップから出版直前に撮影されたネパールのカラー作品まで100点以上が収録されています。

Hpp10p3160524_2 昭和20年代といえば、戦後の不安と耐乏が残っている時代です。しかし、被写体の人々は明るく生き生きしています。紙芝居を見る子どもたちの顔にはドラマに夢中になっている無邪気な表情があり、日比谷交差点付近を歩く母娘の相合傘は、ほほえましい風景です。Hpp54p3170535ネパールの写真にも斎田会員独自のやさしくも厳しいカメラアイが感じられます。林喜一日本支部会員(全日写連関東本部委員長)が、巻頭の「写真集発刊によせて」で書いている“斎田流写真美学”とは、このことでしょう。Hpp58p3160516_3巻末に掲載された著者の言葉を引用します。

 「何故私がここまでネパール撮影に集中してしまったかと申しますと今世界でも貧乏国と云われ、経済成長率0%のネパール王国を観たとき、私が第1章で取り上げたモノクロ写真を撮影した、半世紀前の日本での体験Hpp16p3170542_2に非常に似ているイメージを受けたのです。それは人間を愛する心が、昔私が水戸の街、田舎で観た親子、兄弟、夫婦、隣人、そして同僚の間に根深かった。と同じ様にネパールでも深かったのです。そのイメージを写真を通して表現したかった。……」

Hpp28p3170530 斎田会員はマミヤ-光機在職中、長年にわたる撮影体験を生かしてマミヤ6を設計された。それを愛用しているということです。自身が設計した道具で仕事をするのは理想的ではないでしょうか。体裁:縦258㎝×横265㎝判、4C114ページ、2,700円(税込)、㈱北都 刊(☎025-385-4333)

| | コメント (0)