趣味

2010年10月23日 (土)

第5回 リレートーク 『二つの世界』前編

Hpp9224674_2「写真と俳句」 三宅善夫

 三宅会員は40~50代に約10年間、証券マンとしてイギリスに滞在されました。その間、英国の伝統的な生活と正統的なつきあいを体験していらっしゃいました。帰国してから本格的に写真と俳句を学ばれたそうです。リレートークでは、三つの比較論についてお話しいただきましたが、ここでは「写真と俳句」および「英国と日本」の比較論とアナロジーについて要旨を掲載します。前編は『二つの世界…写真と俳句』です。三宅会員の話をうかがうと、俳句を詠むことにより被写体(対象)と写真家の関係がより親密になるように感じました。(レポート:豊田芳州)

 写真にかかわるきっかけは、長兄がライカとローライコードを持ち、自宅に暗室を造っていたので、その影響が強くあります。その後、証券会社の国際部で外人の接待、海外出張などの記録としてカメラを使ってきました。1985年10月に帰国したとき、社団法人・日本証券経済倶楽部に入会し、そこの文化活動で写真と俳句の会に入りました。写真は、富士写真フイルムの高石泰次先生とコニカの松野正雄先生(皇室写真家)の指導を20年間受けました。Hpp9224670人物と祭りが中心です。神田明神、浅草三社、鳥越神社、博多山笠、長崎くんちをメインにして、祭りの人間関係を大切にして、幅を広げず深く撮影してきました。

 俳句は、学生時代に俳句ができないと卒論をうまく書けないと言われて始めました。1985年の帰国当時、自己流でしたが本気で写真俳句を始めました。NHKの番組より早い時期だったと思います。俳句は石川黛人先生に指導たまわりました。1枚の写真に一つの句を添えますと、撮影の背景、心理状態などが走馬灯のように浮かんできます。 2007年、NHKは「フォト575クラブ」という番組を開始しました。「かけがえない一瞬を、忘れたくない思いを、写真と言葉で描いてみませんか」というキャッチフレーズでした。「松尾芭蕉はカメラマンだった」とNHKの番組で解説がありました。芭蕉の鋭い観察力と洞察力はカメラマン的であるということなのでしょう。また、俳句と写真のアナロジーを伝えたかったものと思われます。

 写真と俳句の共通性に「現場主義」が挙げられます。どちらも情景を前にしてシャッターをきり、句を詠む点は同じです。私は自分で見てきた、訪ねてきたところ以外は詠まないことにしています。こたつに入って、俳句歳時記を見ながら上と下をいろいろ組み合わせると立派な句ができますが、そういう句は、すぐ先生にばれます。Hpp9224652_2写真と同様に、最近はいつもカメラを持っているので、どこへ行っても写真を撮りながら良い句ができるナ思っていても、帰りには忘れています。 あまりにたくさん撮影するからでしょうか。俳句では写生と言いますが、写生とは被写体を自然に正確に撮影することに匹敵すると思います。次に、家に帰ってパソコンで明るさやトリミングを調節します。これは写真の応用技術になり、俳句の推敲に匹敵すると思います。しばしば、先生に指導を受けますと格調の高い句に完成します。写真でも後で調整しないと写真のクウォリティーは撮ったときのままで終わってしまうと思います。

 写真と俳句に共通する大事なことは、心ではないかと思います。俳句は、何をどう感じたのか、心理描写で心の動きを詠み込むことが必要ですが、写真も迫真的な雰囲気や感情など人々に訴えるような心の状況が込められた写真を撮りたいと思います。撮影会に対して、俳句では吟行というのがあります。例えば、10人ぐらいで場所を選んで出かけていっていくつか句を詠みます。お昼に集合してそれぞれ5句ずつ提出して、50句を合評して順位を決めます。その中に自分の句が入っているか否か、厳しい判定が下されます。俳句には、たいへん競争的でタフな一面もあります。  写真と俳句を一体化した権威ある元祖は、伊丹三樹彦(1920年~)という方です。1969年(昭和44年)に「ヨーロッパ吟旅」を実施し、帰国後、写俳運動を開始しました。40か国で写俳活動を続けていらっしゃるそうです。

私の写真俳句をご披露します。(スペースのつごうで一部を掲載します。写真はクリックでポップアップします)

鳥の目に 合焦マーク 寒桜

「合焦マーク」という言葉は、俳句しかやらない人にはわかりません。俳句の練達な方々には、「合焦」は良い言葉という評価を得ました。俳句にも「ピント合わせ」があるということでしょうか。Hpp9224687_2

教え子の 美しくあり 五月晴れ

今年の長崎くんちの当番が諏訪神社へお参りにいった帰りを撮影したものです。モデルの女性は知り合いで、活水女学院の卒業生です。句会で評価されたとき、状況を聞かれたので、キャビネ判のこの写真を見せて納得してもらいました。

啄木忌 白砂に跳ねる 少女あり

撮影会で、下田の海岸へモデルを連れていって撮影しました。暖かい春の海の情景を詠みました。「啄木忌」(4月13日)は春の季語です。

夕焼けに 明日の幸せ 祈りつつ

私が撮影したモデルさんでは、この人がいちばん美人でした。現在はアメリカへ行って女優になっています。伊豆の撮影会で、シャンパンを飲む場面を撮りました。渡米することがわかっていたので、祝福の気持ちで詠み、撮影しました。Hpp9224692

厳かに 献茶の儀式 若葉風

去年の神田明神の献茶式です。撮影をお願いいたところ、宗匠さんから正客の席を与えられました。移動してもかまわないと言われましたが、静寂の中でシャッター音が気になり、緊張してあまり撮れませんでした。

風車 百万弗の 笑顔かな

私の孫の写真です。これほどの笑顔はめったに見たことがありません。風車は高校の体操部の先生からいただきました。竹細工が得意な方で、いろいろなところへ竹細工を寄付していらっしゃいます。現在100歳です。この写真も私の思い出になっています。

夏の朝 輪島に光る お母さん

モデルはツルモトタケコさんという方で、朝市の華です。子どもがそばにいました。「伯父も写真をやっています。がんばってください」と励まされて別れました。品物の荷札に住所が書いてあったので、キャビネ判を送ったところ、お店(夜は飲み屋になる)のお客が「良い写真だとほめてくれました」というハガキが来ました。そこで、クリスマスに引き伸ばしたプリントを送ったところ、私の事務所に魚のトロバコが届きました。

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

東京HPC写真展「風のにおい」

Dm_0003  英国王立写真協会日本支部会員の本村政治氏が参加するハッセルブラッド・フォトクラブの作品展。創設40周年を記念して「風のにおい」をテーマにチャレンジした。ハッセルブラッドを駆使しフィルムで撮影した46点を展示する。

会場:富士フイルムフォトサロン 東京(アクセスはマップをクリック)http://fujifilm.jp/photosalon/Dm_0002

日時:2009年9月4日(金)~10日(木) 10:00~19:00(最終日は~14:00)

| | コメント (0)