写真

2011年4月 1日 (金)

斎田和夫 写真集『自然に生きる』

「斎田写真」の集大成Hpp3160513_3

 斎田会員は、中学時代から写真を始め、茨城大学では写真部を創設、カメラメーカーに就職し、カメラの設計まで手がけました。まさに写真とカメラのスペシャリストであり、エキスパートです。本写真集は、1.半世紀前の記録より(国内編) 2.ネパールの人々 という2部構成で、昭和23年撮影のモノクロスナップから出版直前に撮影されたネパールのカラー作品まで100点以上が収録されています。

Hpp10p3160524_2 昭和20年代といえば、戦後の不安と耐乏が残っている時代です。しかし、被写体の人々は明るく生き生きしています。紙芝居を見る子どもたちの顔にはドラマに夢中になっている無邪気な表情があり、日比谷交差点付近を歩く母娘の相合傘は、ほほえましい風景です。Hpp54p3170535ネパールの写真にも斎田会員独自のやさしくも厳しいカメラアイが感じられます。林喜一日本支部会員(全日写連関東本部委員長)が、巻頭の「写真集発刊によせて」で書いている“斎田流写真美学”とは、このことでしょう。Hpp58p3160516_3巻末に掲載された著者の言葉を引用します。

 「何故私がここまでネパール撮影に集中してしまったかと申しますと今世界でも貧乏国と云われ、経済成長率0%のネパール王国を観たとき、私が第1章で取り上げたモノクロ写真を撮影した、半世紀前の日本での体験Hpp16p3170542_2に非常に似ているイメージを受けたのです。それは人間を愛する心が、昔私が水戸の街、田舎で観た親子、兄弟、夫婦、隣人、そして同僚の間に根深かった。と同じ様にネパールでも深かったのです。そのイメージを写真を通して表現したかった。……」

Hpp28p3170530 斎田会員はマミヤ-光機在職中、長年にわたる撮影体験を生かしてマミヤ6を設計された。それを愛用しているということです。自身が設計した道具で仕事をするのは理想的ではないでしょうか。体裁:縦258㎝×横265㎝判、4C114ページ、2,700円(税込)、㈱北都 刊(☎025-385-4333)

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

田中宏明会員 総合写真展に3点入賞

「公募で自分の作品を世間にさらす」

 田中会員の作品が、第14回総合写真展で3点入賞しました。作品は次の要項で展示されます。会期:10月27日(水)~11月1日(月) 9:00~17:00(最終日は12:00まで) 会場:東京都立産業貿易センター・浜松町館 3/4階ホール(☎03-3434-4242)

作品と出展意図は以下のとおりです。

Hp_7優秀賞 『廸』(みち) 〈不士山日記〉より 12月の満月の富士山は家族の名まえの一字をとり題名とするようにしています。廸とは妻の廸子からとりました。廸はお経の一字で、星から星への距離とか道のりの意味があるらしく、富士から月へ(地球から月へ)という意味で、写真にぴったりの題名になりました。

Hp_2入選 『安』 〈富士さん日記〉より 赤富士は縁起の良い富士山の横綱であります。題名の安は、安らかな生活ができるようなパワーをもらえる気がする。ときどき絵画では、富士山をあまり見ていない方が赤富士を画かれているときがあります。絵の手法ですばらしイメージの作り方はよくわかりますが、写真を写す立場から見ると少し残念です。また、絵画でも大判カメラで写したくらい写実的な作品を見せられることもあり、絵画世界はどちらも意味があり価値のあるもので勉強させられます。

Hp_3秀作 『小さな絆』 〈絆物語〉より 息子と、その長女「凛」のひと時。親子の小さな絆によって幸せの一場面。子どもの見つめる目が八方睨みとも思われるところがおもしろい。

 公募展について田中会員から次のようなコメントが寄せられました。

私にとって写真とは何だろう

 作品は、自分の感性であり、写真という子どもであると思います。しかしながら、大切な作品、わが子と同じだからと大事に箪笥の引き出しに入れっぱなしにせず、個展で展示してきました。写真家たちの目にさらすことで、もまれ、誉められ、求められ、きつい指摘を受けたり、愛という作品のいじめにも会いました。それを繰り返すことによって作品に責任が生まれ、私は成長させていただき、それが生きがいとなっております。

 個展と公募は似ているようですが、少し違うと思います。公募は自分の作品を世間にさらす一番良い方法です。出品したときはまな板の鯉です。審査結果が発表され、入賞作品をよく見ればそれは納得できます。しかし、そうだからといって自分の写真に対する信念を変える必要はなく、自分を通すべきであり、その中から良い作品を制作していくことが大切です。すなわち継続は力なりと信じます。

 写真は静止画であり動画ではありません。映画1本2時間なら、写真はお茶を飲みながら2時間以上眺められる作品を制作したいものです。

「アートラインかしわ」へ参加Hp_5Hp

 田中会員は今年も地元の芸術祭「アートラインかしわ2010」に参加します。作品の展示要項は写真右参照(ポップアップ可)

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

『祭りの 心意気・姉弟・粋』 撮影:日比谷義男

下谷神社の祭礼

意気投合Hp1_4

祭りの姉弟Hp2

 《町自慢の手ぬぐい》Hp3

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

『The New Horizon 新たな展望』長崎展

 長崎は、日本でもっとも長い国際交流の歴史を持つ都市である。また、長崎の上野彦馬は、横浜の下岡蓮杖とともに日本写真術の開祖と言われている。英国王立写真協会 日本支部が長崎で写真展を開催することは意義があるのではないか。東京で開催した『The New Horizon 新たな展望』を長崎歴史文化博物館で再度展示することになった。ご高覧いただけたら幸いだ。同館では『幕末長崎古写真展…龍馬と彦馬、維新のまなざし』も開催されている。会場のあいさつ文と作品の一部を以下に掲載する。参照:第8回 英国王立写真協会 日本支部展

会場:長崎歴史文化博物館/会期:2010年5月14日~5月末日

Hpp5143845Hpp5143861_2

Hpp5143836写真上2点は長崎歴史文化博物館。写真左は長崎展会場風景。写真下はRPS第152回国際プリント写真展でスポンサー特別賞を受賞した林会員の作品と、表彰式レセプション風景。日本支部が『The New Horizon 新たな展望』をテーマに選ぶきっかけになったので展示したHpp5143859_2

HprpsjHprpsj_2

上田頴人 作品 『飛翔/国境の夜明け』Photo_3

三宅善夫 作品 『From Downtown Tokyo to the world』From_downtown_tokyo_to_the_world_2

大賀啓三 作品 『深奥への道/天上への道』Photo_2

高原直哉 作品 『ストローク/サーブ』P2161346

伊藤智雄 作品 『懺悔と思索の都市パリ/文芸の都市ダブリン』P2161358_2

川村賢一 作品 『命の源…森と水/心の時代へ』P2161366_2

| | コメント (0)

2010年4月14日 (水)

田中宏明会員の写真活動

写真・武道・料理・茶道Hpp4055646_2

 英国王立写真協会 日本支部のメンバーは多士済々だ。それぞれをご紹介できればと思っている。本ページでは田中宏明会員の作家活動についてレポートしよう、ご自宅を訪問して取材させていただいた。(レポート:豊田芳州)

 初めにもてなしていただいたのは抹茶だった。これは田中宏明会員のパーソナリティーを表している。田中会員(以下、田中さんと呼ばせていただく)は風流人である。しかし、武道家でもあり、板前でもある。

Hpp4055610_2 田中さんの原点は柔道だという。4歳ごろから柔道を始め、厳しく鍛えられた。しばしば竹刀でたたかれたという。大病を患ってはいるが、いまだ風貌は武道家である。Hpp405562020年前、箱根の保養所の管理を任され、たくさんの調理を経験した。そこで、景観料理という新境地を切り開いた。料理の盛り付けでいろいろなことを表現する。日本の節句や都道府県の代表的な風景などだ。どちらも、制作にとりかかる前にデッサンで構想を練る。写真上左は節句「七夕」(たなばた)のデッサンと景観料理のアルバムだ。Hpp2161345_22月に開催した第8回王立写真協会日本支部展に出展した景観料理写真は、北斎の絵をモチーフにした『北斎』と、節句シリーズの『端午の節句』だった(写真左) 。

 田中さんの代表作は、『乙女不二 一年三百六十六変化(へんげ)』である。箱根の乙女峠から定点観測撮影した作品群だ。まず、富士を「不二」と書いたところに妙がある。「三百六十六」は、うるう年で1年をカウントしているからだ。Hp365p4055607タイトルの意味は、「二つとない366日の富士山」という意味だろう。コンタクトプリントのように構成されたアルバム(縮小版)を見せていただいた(写真右上は11月の変化)。ときどき同行される奥さまからうかがったところによると、田中さんは、どんなに寒くても、暗いときでも車の外でシャッターチャンスを待つという。Hpp4055630筆者も、氷点下で富士山を撮影した経験があるが、シャッターチャンスを待つときは車中で過ごす。ほとんどの写真家はそうである。氷点下でシャッターをきらずにカメラのそばに立っているのはつらい。田中さんにとっては、外でシャッターチャンスを待つことに意義があるのであろう。被写体と対峙するときの緊張感は筆者もなんとなく共感できるが、田中さんの真意はわからない。武道家としての真骨頂が表れているのではないか。そして、完成したのが『乙女不二 一年三百六十六変化』である。おそらく、だれもが取り組んだことのない大作だろう。(写真左上は“月下富士”を掛け軸にしたもの)

 今までに何回も個展を開催してきた。松戸・伊勢丹、銚子・十字屋、津田沼・丸善など、会場はいずれも地元千葉県のデパートや書店である。店舗が会場を提供するのには、作品が売れるという前提がある。売れない作家にはギャラリーを提供しない。田中会員は売れる写真を目ざしたのである。フランスでは写真と絵画は同格だという。日本の写真環境もそうなってほしいと願っているが、いまのところ、自身の率先垂範しかないのである。地元開催にもこだわりがあるようだ。『乙女不二 一年三百六十六変化』は、昨年、地元柏市の「アートラインかしわ2009」で展示された(2009年11月6日~30日 乙女富士写真展工房西山荘 ☎04-7171-3230)。Hp

Hpp4055643                         

 自宅には「春夏秋冬の間」(写真右)という部屋がある。富士山の四季を掛け軸や屏風に装丁して展示されている。ギャラリーというよりは茶室のようだ。田中さんによると、戦国時代、武士は出陣に備え主君より一服の茶を進呈されたという。いざ出陣は、「いざ撮影」に通じるところがあるのかもしれない。写真を侘茶と融合させるところに田中さんの心髄がある。

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

林喜一会員のデジタル写真教室

「フォトアサヒ」で連載中Hpp3291174

 全日本写真連盟(全日写連)は、全国組織の大きなアマチュアカメラマン集団です。創立は1926年なので、日本でもっとも伝統のある組織と言えます。機関誌として月刊「フォトアサヒ」を刊行しています。B5判、60ページ(カラー 16ページ)の体裁で、内容は、4地域本部(関東、中部、関西、西部)と各県本部の活動報告ですが、コンテストの入賞作と入賞者情報を中心に掲載しています。英国王立写真協会の林喜一会員は、関東本部委員長を務めています。

 今年1月号から林会員執筆による「一からわかるデジタル写真教室」が連載されています。タイトルのとおり、入門者、初心者向けの解説記事です。デジタルカメラの買い方から使い方、撮影中の心得、特にフィルム撮影と違ったカメラとデータの扱い方がやさしく解説されています。本誌を開くと、「小見出し」がたくさんあり、百科事典のようなページ構成です。例えば4月号では「写真データの管理について」「本物写真だけを残して」「安全のために保存は二重管理しましょう」「古いデジタルカメラの活用方法」「CFカード・SDカード」「フィルム的保存方法」「大切なデータを削除してしまった時は」などの項目があります。読者の質問に答える項目もあります。林会員の的を射た解説は入門者に役立つでしょう。全日写連のホームページ

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

第3回リレートーク 『英国王立写真協会と私』

高木祥光会員の入会と日本支部設立

Hpp3260245_3 高木会員(写真左)は、戦後2番目に英国王立写真協会に入会された日本人です。ということは、現在、日本支部でもっともキャリアの多い会員のひとりです。そこで、入会当時のご自身の体験と当時の王立写真協会について、リレートークで話していただきました。同時に、当時の入会記念品や専売グッズもご披露いただいた。以下に要旨を掲載します。

 1964年ごろ、「カメラ毎日」に英国王立写真協会(以下RPS)の特集記事が掲載された。私は好奇心でこの記事にひかれ、当時の二村次郎編集長にその存在を確かめた。また、当時勤めていた日経新聞のロンドン特派員にRPSについて調べてもらった。Hpp3260261_2その結果、RPSは英国にいろいろあったロイヤルロビーの一つであることがわかった。Hpp3260251Hpp3260253ロイヤルロビーとは、英国王室が支援振興する組織のことで、スノードン卿もRPSのメンバーであるという。入会するといろいろなメリットがあることもわかった。年1回の審査に15点の組写真を送り、合格すると入会できる。

 そこで、二村編集長にアドバイスを求め、テーマを決めて作品作りに着手した。いくつかの候補から「日本の女性」をテーマとすることにした。当時、上野精養軒で修業されていた幸田マリ子さん(幸田文氏の姪)にモデルをお願いした。日本的なロケ地として箱根旧街道を選び、和服、高下駄、和傘などの衣装・小道具をそろえ、1週間にわたるロケを敢行した。200カット以上の作品を二村編集長に見ていただき、15点を選んでRPS本部へ送った。写真下左は高木会員のジャンパーのロゴマーク、同右は三宅会員のロゴマーク入りネクタイHpp3260268Hpp3260231_2

 1965年のクリスマス直前に、入会許可の通知が届いた。会費を納入すると、会員証、木製の会員プレート、金属製の車に付けるプレート、バッジ(写真上3点参照)などが届いた。「会員証は、イギリス圏で活動するとき大きな力を発揮するだろう」という添え書きがあった。会則のほかに、いろいろな行事の予定が送られてきた。毎月、撮影会、勉強会(例えば、ケネス・ベーケンの「ヨット写真の撮り方」)、有名人を招いたパーティーや会食への招待など盛りだくさんだ。それらへの参加規定も書かれている。例えば、ダンスパーティーへは白手袋持参、ホテルへは馬車の乗り入れが可、などだ。入会後、在日英国人や関西、九州などに住む日本人から「本部で貴君の名まえを知った。日本支部を作らないか」という話があったが、支部結成には至らなかった。

Hp1p3260262 1970年ごろ、RPS本部の民営化が浮上した。エリザベス女王の名はパトロンとして残るが、経営の実体は王室から離れ協会は独立した。本部はロンドンのプリンセス通り24番から2、3か所移転し、現在はバースにある。独立採算になって、スポンサーや広告主の積極的な勧誘、社交的な催し物を減らし、写真コンテストと本部発行誌(「RPS Journal」など)の拡充などに着手した。写真上左はリレートーク風景

 1994年夏、青木朗顧問より、設立発起人と日本支部設立の依頼を受けた。たび重なる打ち合わせで規約原案を作成。1996年8月30日、英国大使館で設立式が行われ、英国王立写真協会日本支部(RPSJ)は正式の発足した。これには、在日英国大使ハミルトン氏やRPS本部事務局長も参列された。RPSJは、このような経緯で現在に至っている。

 

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

築地場外・撮影会

元気になれる!!Hp

 11月19日(木)、英国王立写真協会 日本支部の撮影会が築地で開催された。10時30分、日比谷線の築地駅に集合、顔合わせもそこそこに築地の場外市場や本願寺へ。そのころから雨が本降りになってきた。しかし、撮影は全天候で臨まなければならない。恵みの雨とばかり撮影を開始した。市場では仕入れのピークは過ぎているようだが、人々の声が飛び交い、異様な活気が漂っている。屋台のような食堂のカウンターには、おおぜいの客が詰めかけ、食事をとっている。昼食にしては早いし、朝食にしては遅い。これが“築地タイム”なのだろうか。日本的というよりはエキゾチックなバイタリティーを感じた。

 路上には、輸送に使った発泡スチロールの箱が積み上げられ、冷却用の氷が散乱している。ターレ(ターレット・トラック)というリヤカーのような運搬車が我が物顔に走る。仕入れた品物を車両まで運んだり、場内・外の移動手段にも使っているようだ。油断しているとぶつかりそうになる。撮影の基本は仕事をしている人のじゃまをしないことだと自戒した。店員や店先を撮影するときは、ひと声かけるのがマナーだろう。私は、3回ほど許可をいただいてシャッターをきった。

 築地の守り神・波除稲荷には、地元の住人や市場に店を構える人々、外国人を含む観光客などが、参拝に来る。ここには日本の原点がある。撮影は楽しかった。築地に流れる空気が私たちを元気づけてくれたような気がした。参加者の寄稿作品を掲載する。(レポート:豊田芳州)

『想いの綱』…波除稲荷神社(川村賢一) 写真上

Hp_2『聖なる調べ』…築地本願寺(川村典子)

Pb191825のれんを守る』 (三宅善夫)

Hppb191572『ターレ』…波除通り(豊田芳州)

Hppb190377全員でランチの寿司を食べて解散した

| | コメント (0)

2009年10月27日 (火)

第13回総合写真展に2会員入選

Dm  英国王立写真協会 日本支部の高木祥光会員と田中宏明会員が第13回総合写真展に入選した。本展は、財団法人 国際文化カレッジが全国公募したもの。作品展は下記の要領で開催されている。

会期:2009年10月16日(金)-10月30日(金)まで 9:00-17:00(入場16:00まで)

会場:東京都美術館(上野公園内 JR上野駅から徒歩7分) 受付/地下1階 第4展示室

高木祥光 作品Hp_3

                

田中宏明 作品Hp_4

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

上田頴人会員も入選

 2009年RPS国際投影イメージ写真展に、上田会員も入選しました。林会員と合わせて2人同時入選は初めてで、たいへん喜ばしいことです。上田会員の入選部門は「Natural Digital」で、スコアは12点です。上田会員からコメントが寄せられています。

「飛翔 Match of Swan and Wild GooseHp

 この写真は3年前の冬、当時新聞連載中だった『日本音紀行(もうひとつの風景)』の取材で、新潟市の福島潟へオオヒシクイ(国の天然記念物で羽を広げると160センチにもなる大型の雁)を撮りに行った際に撮影したものです。ヨシの群生する福島潟は、渡り鳥にとって絶好のねぐらで、オオヒシクイの日本一の飛来地です。夜明けと共にグワワンと鳴きながら次々と餌場に向かって飛び立っていくオオヒシクイは迫力があり、それが狙いでしたが、そのうち白鳥も一緒になって競争するかのように飛翔していく姿が印象的で、夢中になってシャッターを切りました。新聞掲載写真は集団で飛び立つオオヒシクイでしたが、この印象的な飛翔の場面が忘れられず今回応募してみました。ちなみに、「音を絵にできたらノーベル賞ものだよ」と、当時、友人たちから言われたものでした。

 これを機に、日本支部会員の応募がますます増えるよう期待します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧