写真展開催

2015年5月23日 (土)

RPSJ長崎展開幕 地元紙が紹介

 第13回RPS日本支部写真展は東京展、下関展が終了、5月23日から締めくくりとなる長崎展が始まりました。会場は長崎歴史文化博物館3階の企画展示室です。
Photo 隣接会場では特別展「宮廷画家ルドゥーテの『バラ図譜』」展を開催しており、多数の来場者が期待されます。
Photo_2


支部展は地元の有力紙「長崎新聞」の“ギャラリー”面で、写真入りで紹介されました。長崎展の会期は6月21日までです。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

RPSJ下関展始まる

 RPS日本支部の下関展が下関市教育委員会との共催で5月8日、スタートしました。会場は昨年と同様、重要文化財・旧下関英国領事館附属ギャラリーです。

Photo








 今年はスイス支部の作品も加わり、昨年を上回る点数となりましたが、同市教育委員会の協力により、展示パネルを増設し、全作品を掲示することができました。

Photo_2 Photo_3








 古い洋館での写真展は都会のギャラリーとは違った雰囲気を醸し出しています。下関展は18日まで開催中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

写真展出品作品が閲覧可能

 第13回RPS日本支部写真展に展示された支部会員の全作品を「写真展のページ」に掲載しました。「出展作品を見る」をクリックし、各会員(五十音順)の作品をクリックすると、ご覧いただけます。
 これまでの写真展の出品作は「過去の写真展」コーナーで見ることができます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

RPS日本支部 東京展終了

 第13回英国王立写真協会(RPS)日本支部展は3月5日、盛況の内に無事終了しました。
P1040693今年は昨年を上回る多数の方にお越しいただきました。中には九州から来場された方もおり、皆さん、熱心に作品を鑑賞する姿が印象的でした。ご来場いただいた方々にあらためて感謝申し上げます。
 

RPS日本支部展は東京展の後、地方巡回展に移り、5月8日から旧下関英国領事館で、5月23日から長崎歴史文化博物館で写真展を開催します。
P1040724





P1040769






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

日本支部展に駐日スイス大使が来訪

第13回英国王立写真協会(RPS)日本支部展が2月27日から3月5日まで、「フレームマン・エキシビションサロン銀座」で開催されました。今回のテーマは前年に引き続き"Feel British"。会員が国内外で見つけた“英国らしさ”を写真で表現しました。
P1040499_4
また今回は日本とスイスが外交関係を樹立して150年になるのを記念して、RPSスイス支部の作品も招待展示しました。この企画は駐日スイス大使館も後援、初日夕刻には新欣樹会員の仲介により、ウルス・ブーヘル駐日スイス大使が来場し、熱心に作品をご覧になりました。

P1040525_2

さらにスイス支部作品展では同支部役員のロブ・カーショー氏が各作品や撮影者について詳しく説明しました。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

読売新聞が支部写真展を紹介

150224s_2  支部写真展が2月24日付・読売新聞夕刊(首都圏版)のイベント紹介ページ「シティライフ」欄で取り上げられました。
 同欄は首都圏で行われるさまざまな展覧会や音楽会などの予定を紹介しています。支部写真展は、その中の「写真・映像」ブロックに写真付きで掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

支部写真展 下関、長崎展の開催日程決まる

13回RPS日本支部写真展は東京展(2/273/5)の後、昨年同様、下関市と長崎市に巡回します。その日程がこのほど下記のように決まりました。
<下関展>
会場:旧下関英国領事館 (山口県下関市唐戸町4-11)
会期:58()18() 9:0017:00 (5/12=休館)
<長崎展>
会場:長崎歴史文化博物館 (長崎市立山1-1-1)
会期:523(土)621() 10:0018:00 (6/16=休館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

支部写真展 “RPS Journal”が紹介記事掲載

 RPS本部発行の会報“RPS Journal”2月号に日本支部の写真展を紹介する記事が掲載されました。Rps_journal_2015_feb_2
記事は日本支部とスイス支部が合同で写真展を開催するのは画期的な出来事とし、同展が日本・スイス国交樹立150周年の記念行事として行われることも伝えています。またスイス支部代表のリチャード・タッカーARPS氏の「両国の作品に撮影スタイルの違いがあるのかどうか見るのは興味深い」とのコメントも付け加えています。

 “RPS Journal”はRPS本部のウェブサイトに会員登録すればPDFファイルでダウンロード・閲覧できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

スイス大使館が支部写真展を後援

 RPS日本支部は来年開催する第13回写真展にRPSスイス支部の作品を招待展示しますが、この企画がこのほど、日本・スイス国交樹立150周年の記念事業として認定されました。
 今年は日本とスイスが国交を開いて150年という節目の年に当たります。これを記念して美術展やコンサートなど各種行事が全国で行われています。日本支部写真展も両国の文化交流、友好関係を促進する行事として評価され、一連の公式記念事業のひとつとして実施されることになったものです。これにより、支部写真展では公式ロゴマークの使用が許可されるとともに、在日スイス大使館の後援名義もいただきました。
 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

RPSスイス支部が日本支部写真展に出品

 第13回日本支部写真展(2/27~3/5、フレームマン・エキシビションサロン銀座)に、RPSスイス支部が特別参加することになりました。これはスイス支部メンバーの日本支部訪問(10月12日付けブログで既報)を受けて、両支部間の作品交流について協議を重ねてきた結果、決まったものです。

 具体的には支部写真展会場に隣接するミニギャラリー(今年、英国大使館が出品したスペース)を日本支部が用意し、そこにスイス支部からの作品を招待します。支部写真展に海外支部が参加するのは初めてです。RPSという伝統ある組織の一員として、日本支部が国際的活動の一歩を記すことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)